カタレル ーkatalelー » 講演依頼で事前に知っておきたい基礎知識 » 講演会の費用相場とは?

講演会の費用相場とは?

講演会を開くためには、講師への謝礼・交通費の他に会場を借りる費用、機材のレンタル料、会場スタッフの人件費、講演の広告宣伝費など、さまざまな経費がかかります。講演に必要な諸経費の相場について、費目ごとにまとめました。

講演会にかかる費用の内訳

講演会を開くために必要な費用は大きく分けて講演料会場費その他経費の3種類です。

  • 講演料
    講師に支払う費用。講師や同行者に支払う旅費などが含まれる場合もある。
  • 会場費
    会場を借りる費用。映像・音響機器のレンタル費用が含まれる場合もある。
  • その他経費
    問合せ事務局費、運営人件費、広告費など

講演料

講演料は依頼する講師の知名度や経験によって異なります。以下に目安を記載しますが、講師や条件、依頼する講師派遣会社などにより費用が異なります。

また、下記講演料以外にも交通費、ヘアメイク費などが別途必要になる場合もあるので、詳細については問い合わせをしてみると良いでしょう。

※参照元:Speakers.jp公式HP(https://www.speakers.jp/feature/fee/

  • セミナー講師・人権・福祉などがテーマの講師・文化人など:15~30万円
  • オリンピックメダリスト・監督・有名作家など:31~60万円
  • タレント・俳優・コメンテーターなど:61~100万円
  • 有名タレント・トップアスリート・頻繁にテレビに出る文化人:101万円~

会場費

会場費は、開催時間、開催場所、参加者数などの条件によって変わります。参加者の人数や規模を決め、それに合った定員数の会場を選びましょう。

講演会開催にあたり、映像・音響設備、椅子やテーブルといった設備などが必要となりますが、会場によって会場費に含まれている場合と、別途レンタル費用がかかる場合があるので確認が必要です。

以下で、東京で10時~18時の間、貸会議室を使用した場合の相場の目安を紹介します。

※参照元:NEWSBASE公式HP(https://www.newsbase.co.jp/blog/event-knowhow/seminar-expenses-really-are-we-really-going-to-take-a-single-bodycost-reference/#%E4%BC%9A%E5%A0%B4%E8%B2%BB

  • 30名規模:10万円前後
  • 50名規模:20万円前後
  • 100名規模:30万円前後

その他諸経費

講演会を開くための費用として、講演料と会場費以外にも以下のような諸費用が必要となります。

下記以外にも、準備にあたりさまざまな費用がかかるので、専門家に相談することをおすすめします。

  • 広告費
  • 事務局運営などの人件費
  • 講演会の企画・コーディネート費用
  • チラシや案内状、グッズの制作費
  • 講演会の撮影・録画費用
  • 運営スタッフの人件費
  • 音響映像機材のレンタル料
  • 懇親会の会場費や飲食費

全体を通しての費用相場

ここまで見てきた、講演料、会場費、その他の費用を合わせ、東京都内で平日の日中に貸会議室を借りて、100人規模のセミナーを開いた場合の、おおよその相場感を見てみましょう。

※参照元:アイミツ公式HP(https://imitsu.jp/cost/event-planning/

  • 講演料金:15万円~100万円
  • 会場レンタル代:15万円~30万円
  • その他諸経費
    事務局運営などの人件費:15万円~25万円
    企画・コーディネート費用:5万円~15万円
    チラシや案内状、イベントで流す映像の制作費:20万円~35万円

ここでの相場感は、安くても70万円程度と見込まれます。

このほか、スタッフや講師の移動費、司会や受付スタッフの人件費など、さまざまな経費がかかってきますので、多めに見積もっておくことをおすすめします。

まとめ

講演会にかかる費用は講師や規模により異なるので、講師派遣を専門で行っている会社に相談することをおすすめします。

以下では、講演方式別おすすめ会社を紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

【講演形式別】
講演依頼サービスを詳しく見る

THREE SELECTIONS
基準を決めて選ぶ!
「講演依頼サービス」おすすめ3選

「講演テーマに合った講師を探したい」「講演会か、ウェビナーか、開催形式が決まっていない…」「登録者が豊富なところで講師を選びたい」など、今の状況にピッタリ合てはまる講演依頼サービスを選びたいですよね。

講師派遣を専門にしている会社計21社の中から、講師選びが捗りそうな会社を3社ピックアップしました。講師選びの基準を決めて、気になる講演依頼サービスをチェックしてみてください。

「講演テーマ」を
基準に選ぶなら
Speakers.jp
Speakers.jp

画像引用元:Speakers.jp
公式HP(https://www.speakers.jp/)

こんな方に

「ビジネス」「健康」など、講演テーマに合った講師を探したい方

「開催形式」を
基準に選ぶなら
講演依頼.com
講演依頼.com

画像引用元:講演依頼.com
公式HP(https://www.kouenirai.com/)

こんな方に

「講演会」「ウェビナー」など、開催形式がまだ決まっていない方

「登録者数」を
基準に選ぶなら
システムブレーン
システムブレーン

画像引用元:システムブレーン
公式HP(https://www.sbrain.co.jp/)

こんな方に

「登録者数が多い会社」で、とことん妥協せず講師を選びたい方

               

【選定基準】
2024年4月4日に「講演依頼」とGoogle検索して表示された1~100位を調査し、公式サイトがあり、講師派遣を専門にしている「会社」を21社抽出。
上記21社のうち、講師登録者数が1,000人以上かつ取り扱い実績が10,000件を超えていた3社を選出しました。各社の特徴は下記の情報を参照しています。
●Speakers.jp:3社のうち一番、用意しているテーマ数が多い(テーマ数:211件)。
●講演依頼.com:3社のうち唯一、開催形式から講師の絞り込みができる。
●システムブレーン:3社のうち一番、講師の登録者数が多い(約15,200人)。
※調査期間:2024/04/04~2024/04/17